2017 年 第14回「海の京都」観光地域づくりマネージャ主催会議報告事項一覧

報 告 事 項 一 覧
【報告事項】
① 観光PR動画について(井田、綾部市)
② 農山漁村振興交付金進捗状況について(竹市)
③ 料理旅館協議会内容(一瀬、綾部市)
④ グランピング視察(希望者)
【報告内容】
① 観光PR動画の魅力的な見せ方について
観光PR動画放映用DVDモニターを市内4ケ所(綾部駅自由通路、観光案内所、特産館、あやべ温泉)に設置した。
4月5月のイベントを掲載したDVDを作成し、既に各所で配信している。
② 農山漁村振興交付金進捗状況について
・東部地区開発協議会の総会にて、熊内会長から、綾部かんばやしの里体験推進協議会として農泊推進(交付金事業)に手をあげること、山家地区も加えて取り組んでいくこと、体制強化に取り組んでいくことを説明し、了承された。
・総会に先立ち、4地区の連長には、申請内容に農泊を加えることと規約や組織変更の説明を個別に行い、了承を得たうえで総会にて説明した。
・一次審査の結果はまだ出ていない。(4月20日時点)
農水省からの情報では、全国で350の応募があり、150~160の採択に向けて現在絞込み中。4月21日に採択結果を公表できるよう作業を進めているが、24日にずれ込むかもしれないとのこと。
・農水省の交付金事業の公募のうち農泊のみ遅れたので、各農政局での不足資料の確認や追加提出の工程がなく、当初提出した書類のまま本省に送られたようである。
③ 料理旅館協議会内容
・鮎の冊子については、9月やな漁時期完成をめざすことで決定した。
・今後は、鮎に関連ある団体を巻き込みワークショップ重ねていく。
④ グランピング視察
・6月1日、2にるり渓でグランピングの予定
※添付資料
【資料№1】第13回「海の京都」マネージャー主催会議議事録
【資料№2】海の京都DMOターゲット戦略についてP.4~6
【資料№3】広域ツアー造成に向けた素材の掘り起しについてP.7

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする