2018年第34回「海の京都」観光地域づくりマネージャー主催会議

2018年第34回「海の京都」観光地域づくりマネージャー主催会議を開催しました。海の京都 マネージャー会議 綾部

FMいかる番組について、1月は正暦寺 玉川氏と私とで出演させていただき農家民泊及び寺泊についてPRしました。

空家民泊について、来年度の農山漁村振興交付金の申請に向けての体制づくりについて協議しました。

まず、組織体制として緑土さん、原田商店さん、クチュールさんを中心として体制を整えていかなければならない。その中でハード面として空家を改修して農家民泊の施設を作ることも大切ですが、ソフト面として綾部に来られる外国人旅行者のために、クチュールさんのような英語が話せるガイドさんを2〜3人育てていかなければならない。

農家民泊の体制づくりとして農業体験が出来るようなネットワークをつくる。例えば農家民泊のクチュールさんなどの組織に問い合わせをすれば空家民泊に宿泊されているお客様も農業体験を出来るような仕組みづくりをするべきだという話し合いを行いました。

綾部むすびについての報告としては、フォトコンテストの状況と来年度綾部むすびの活動に対しての予算として今年度のように地域力再生プロジェクトの補助金は取らずに、綾部むすびを食の魅力のひとつとして農産漁村振興交付金の中に組み込んで農家民泊と一緒に展開して行くという方向で考えています。

また、石川氏の知り合いのゲストハウスの方や助言をいただける外部協力者の方の意見なども取り入れて行く方向で話が進みました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする